温泉の入り過ぎに注意

温泉は旅行のメインになるほど魅力的で、日本人にとっては馴染み深いものです。温泉地の宿であれば温泉が湯船に満たされているものですが、もっと色々な温泉を楽しみたい方の為に湯巡り企画が提案されている場合があります。例えば湯巡り手形は数多くの温泉地で販売されており、価格はそれぞれ違いますが一つの手形で三つの宿のお風呂に入れるという場合が多いです。 意気揚々と手形を片手に温泉に入りに行くのは良いですが、やはり入り過ぎには注意が必要です。温泉に入り過ぎるとのぼせてしまいますし、具合が悪くなってしまうとその後気持ち良く過ごせません。体力も失われるので、無理は禁物です。手形の有効期限は半年~一年ほどあるので、二度に分けて使うと良いです。

宿の都合も考えておきたい

いくら宿が手形の受け入れや日帰り入浴を受付していたとしても、宿は宿泊客がメインであることに変わりありません。なので、入浴のみの利用は時と場合によって断られることがあります。そのことをしっかりと把握して、例え断られたりしてもクレームを言ってはいけません。日帰り入浴は、あくまで宿が好意で実施しているという捉え方をした方が良いかもしれません。 故に、所謂ラッシュアワーの利用は避けたいです。宿のラッシュアワーは一般的にチェックインが始まる15時と、夕食の準備や配膳で忙しい17時頃です。特に小さな宿であればあるほど、食堂とフロントの両方をこなさないといけないので忙しいです。このような時間帯はなるべく避けて訪問します。